藤沢市辻堂の訪問歯科なら、たなか歯科クリニックまで
藤沢市の歯科 HOME>歯周病治療

歯周病治療

早期発見の歯周病なら、ごく基本的な治療で治すことができます
歯周病日本の成人の約80%が歯肉炎・歯周病を患っています。
歯周病は歯を支える歯茎(骨と歯肉)の病気で感染症です。歯を支える骨が溶ける病気です。
軽度~軽中度の歯周病では自覚症状が殆ど無いので“自分は大丈夫”と思われている方が殆どです。
重度の域になると歯の動揺、膿が出る、痛み、腫れ、強い口臭などの症状が出てきます。重度になってしまった場合の歯周病治療は抜歯を伴う事も多く期間、回数も多く辛い治療です。最終的な修復治療も大掛かりになる事が多いので時間と費用がかかります。治癒後も歯茎が下がってしまうので審美的なダメージもありますので早期発見と早期治療が重要です。
当院では全ての治療前、または治療と同時進行で歯周病管理・治療を行います。
軽度から重度に渡って治療方法は大きく異なります。
全ての治療前にレントゲン検査と基本検査を行い、歯周病の有無と状態を担当医・衛生士がご説明し、
状態に応じた歯周病管理または治療方針を説明いたします。

歯周病は歯茎の慢性的な感染疾患です。慢性という言葉のとおりに症状が生じにくいので、なかなか自覚することができません。
症状が生じた時は重度のレベルに達してしまっています。
歯茎の骨が溶けてしまう疾患で、末期には歯が抜け落ちてしまいます。
歯周病の原因は細菌です。歯周病菌はほとんどの人の口の中に存在します。
様々な要因により細菌の数が著しく増加すると歯周病へと進行します。
要因には歯並びや噛み合わせの不正、適合の悪い詰め物や被せもの、喫煙、不良な口腔ケア、ストレス、年齢、糖尿病、不規則な生活パターンなど色々です。
また歯周病が原因で動脈硬化や心内膜炎を引き起こすことも報告されています。
そのために早期発見・早期治療・メインテナンスが必須です。

通常の歯周病の治療は大まかに、検査・診断→歯石取り(スケーリング)歯磨き指導→評価→徹底的な歯石取り(スケーリング・ルートプレーニング SRP)→再評価→外科処置(必要な場合に行う)という手順で行います。
初期~軽度の歯周病であればこのような治療過程で改善が見込めます。
中度~重度の場合には、状態によっては検査・診断の時点で抜歯をしなければならない事もあります。その後、応急処置を加えて歯石取り→評価→SRP→再評価となりますが、これらの治療過程を終了するには最短でも2カ月の期間を要します。
その後、必要に応じて外科処置を行います。

治療の過程で最も回数と期間がかかるのがSRPです。
上下の歯を6ブロックに分けて行うので、週2回の来院でも3週の期間を要します。
虫歯治療と違い時間と根気のいる治療ですが原因の除去と管理を行わないと進行・再発します。自然に治ることはありません!
その後、再評価を行います。これは歯周病の原因となる歯石や感染物質を取り除いた1~2ヵ月後にどの程度治癒したかを検査・評価します。
この時点で再治療が必要な部分に外科処置を行い、数か月後にさらに検査・評価をするという長い過程の治療です。

歯周病は定期的な検診とメインテナンスで高い確率で予防できる疾患です。
年に最低でも3回(4カ月おき)の検診を習慣にすることが大事です。
痛くなくても定期的に検診を行う習慣を身につけましょう。
歯周病のプロセス
FMD(Full Mouth Disinfection)
通常の歯周病治療は、

Step1 検査

Step2 診断

Step3 歯石取り

Step1 再検査

Step1 深い位置の歯石取り

Step1 再検査

という時間・回数がかかる治療です。
一回目の検査から最後の検査まで最短でも2か月かかります。その間に感染は進行してしまいます。
歯周病の治療を効率良く行うためには深い部位の歯石取り(SRP)を極力短期間で終わらすことが重要です。
FMD(Full Mouth Disinfection)という手法で中度~軽重度の歯周病の治療を効率良く行えます。
通常の検査・歯石取り、歯磨き指導を行いお口の中からサンプルを採取して細菌検査を行います。(1週待ち)
検査の結果を基に現存する細菌の種類と数を把握して、治療の必要性を確認します。
術前4日前に抗生剤を服用していただき、お口の中を一時的に無菌状態にして薬の効果が持続している間にSRPを一日で終わらせます。麻酔を使用しますが、オーラクイックという針の無い無痛麻酔を使用しますので注射の苦痛がありません。
約1か月後に評価と再細菌検査を行い、次週に細菌検査の最終結果を基に治療効果を確認します。
その後は定期健診となります。

※重度の歯周病や噛み合わせが維持されていない状態では適応ではありません。
※保険外治療です。