藤沢市辻堂の訪問歯科なら、たなか歯科クリニックまで

義歯

インプラントの普及で歯の欠損修復は大きく進歩しました
義歯義歯を選択するケースも減ってきましたが、インプラントに適応できない方やインプラントに抵抗を感じる方、また義歯でも十分に満足している方々も大勢いらっしゃいます。
一方、義歯でお悩みの方も多いと思います。
当院では義歯での補綴治療を自信を持って行っています。
通常の義歯から自然観を重視した審美義歯まで皆様のご要望にお応えできます。

マグネット義歯
マグネット義歯

既存の歯の根やインプラントを最大4本使用して義歯を小さな強力な磁石で固定する義歯です。

  • 上顎を覆っている部分が無いので異物感なく発音のしやすい義歯です。
  • 4個の磁石でしっかりと固定するので落ちる心配がなく快適な食生活と会話が送れます。
  • チタンの骨組を使用することで上顎の移行部が薄くできるので(0.2mm)段差が無い舌感の良い仕上がりです。 下顎の場合には舌側が薄く出来るので、プラスチックのタイプより舌感が良くなります。
    強度・耐久性に優れて重さも軽く、衛生的です。

マグネット義歯 マグネット義歯 マグネット義歯

最善の技法・材質で制作した総入れ歯でも会話中や食事中に外れてしまう・浮いてしまう事があります。皆さまにとってはとてもストレスを感じているようです。
 

また、上顎の義歯は上顎を全面覆ってしまうので発音障害や食事中の違和感があります。 “どうにかならないか?”とのお問い合わせが寄せられました。そこで、4~6本のインプラントで固定式の歯を入れる方法を取り入れました。1日で歯が入ると言うメリットがありますが、後に歯茎と人工歯との境目に段差が出来てしまい“発音がし辛い”“食べ物が詰まりやすい”“飲み物が漏れる”“口臭が気になる”“見かけが悪い”などの声をいただき、思考錯誤の結果この治療法に焦点を合わせました。
 


 
最低4つの小さな強力な磁石を使用して入れ歯を固定する治療法です。
                 上下の義歯に適応できます。

                                     上顎の覆いが無いのが特徴です。

 

  審美的な改善も可能になります。         上下のマグデンチャー

                             
                                    

                                             インプラントの磁石の土台。

                  直径5mmの小さな突起があるだけです。

                           既存の歯3本とインプラント1本を使用した症例です。

           丈夫な歯の根が残っていれば土台として使用できます。

            
                      

   長期に渡って上顎全ての歯が欠損してと下顎の左右の奥歯が欠損していた方です。                                             上顎は3本のインプラントと残存の歯の根に磁石の土台を使用しました。 
下顎の奥歯は通常のインプラント処置で修復しました。
6か月検診の際に顔つきが若返ってとても健康的に変貌されていました。
 


●マグネットデンチャー●(マグネット入れ歯)


左右の特定の場所に2本ずつインプラントを4本埋入、または既存の丈夫な歯の根が残っていればそれを使用して小さい磁石を埋め込みます。

原型は総入れ歯ですので、患者様が任意で取り外す事ができますので洗浄が出来て清潔に保てます。
                                                

                  


  

一般的な磁気維持型の義歯では犬歯の部位に2本磁石の装置を使用しますが、粘着性の食物を食べた時や前歯で食べ物を噛んだときに義歯の後ろが浮いてしまいます。また、上顎を全面覆う必要があります。

4本の磁石を左右に使用することによりこれらの障害が改善できます。よほどの力が加わったり、強い粘着性の高い食べ物でない限り外れることはありません。

“入れ歯”という形容詞に抵抗がある方が多いと思いますが、お口の状態によっては予知性の低い歯をチマチマと延命処置して結果的に数年後に抜歯するような無駄な時間と費用を消費するよりも思い切って長期・安定・予知性の高い治療を早期に行う事を私達は推薦します。Simple is the bestと思います。

マグデンチャーは内部の骨組はチタンまたはコバルトクロム合金を使用します。

上顎を解放する馬蹄形の特殊な設計で金属の骨組を使用しないと中央で割れてしまうリスクがあるので必ず金属の骨組を使います。

上顎の歯茎との境は金属で処理しますのでとても薄く(約0.2mm前後)段差の無い仕上がりですので舌が引っ掛かる事が無く、発音もし易く食べ物も詰まりにくく、飲み物が漏れる心配もありません。

前歯の形・長さも歯茎の状態に左右されないので任意な審美的な仕上がりが出来ます。最大の特徴は上顎の覆いが無い馬蹄形なので発音の障害がほとんど無く、食べ物の温度・食感が直接上顎に伝わります。

その日に歯が入ると言う訳にはいきませんが、3カ月前後の辛抱で快適な結果を得られます。

現在の義歯をもっと快適にしたい、もっと硬い食べ物が食べたい、歯が数本しか残ってなく使い辛い部分入れ歯を使用している、とにかく食生活を向上したい、面倒なメンテナンスを最小限にしたいとお悩みの方など、是非ご相談ください。

 

安価な治療ではありませんが、長期安定性・機能性・快適性・審美性を備えた治療法です。